お客様の声

生魚をネットで注文するのが不安です 本当に刺身で食べても大丈夫ですか?

「冷凍品はともかく、生魚をネットショップで購入するのには抵抗がある」という声をよく耳にします。

・宅急便で届く
・消費期限が短いのでは?
・お届け日の指定ができない商品がある
・やっぱり目の前で見てないから・・・

といった理由でまだまだ「刺身用」と言われても生魚をネットショップでお取寄せするのは浸透してないようです。
まあ確かに

「新鮮!!」

と言われても目の前で見てませんし、ましてや「お届け日の指定ができません、または届かないかもしれません」と言われれば注文をためらってしまいますよね。
当店の看板商品は冷凍してない生の「ぶり」です。
そして「刺身で食べる」ことができる商品を販売しています。

■ 本当に刺身で大丈夫なの?

はい、大丈夫です。その根拠は

・発送日(お届け日の前日または前々日)にぶりを水揚げして加工

・水揚げ、加工の翌日または翌々日にお届け

と最短水揚げ後1日、最長でも2日(一部離島などは除きます)でお届けできるからなんです。
スーパー等でも場合によっては水揚げ後数日経ってから売り場に商品が並びます。
これは流通形態が市場⇒仲卸または問屋⇒スーパーといくつかのルートを通ってくるので、産地からの輸送などで時間がかかるためです。
実はネットショップは産地から最短でお届けできる場合が多いのです。
なので鮮度は場合によってはスーパーなどの小売店よりも良いのです。

「でも水揚げ、加工して1日はかかるんですよね?」

確かにそうですね。
でも実は魚を食べるのには水揚げ当日よりも翌日のほうが美味しいということをご存知ですか?

■ 1、2日寝かせたほうが魚は美味い!?

もちろん獲れたての美味しさ、はそれはそれであります。
コリコリした食感や鮮度感が味わえますよね。
でも本当に美味しいのは水揚げされて翌日、翌々日なんです。

(※魚の種類によっては刺身で食べられる期間が短いものもあります)

魚は水揚げされ〆られると、体内にある酵素によってたんぱく質が分解され、アミノ酸がつくられます。
このアミノ酸こそが「旨み」なのです。
宅急便で水揚げ後翌日、翌々日にお届けできるネットショップはまさにこの魚の「旨み」を味わうにはもってこい。
「刺身はネットで買うほうがおいしい!」といわれる世の中になれば・・・と目論んでいます。

■ 加工場の衛生管理もバッチリ

当店の「ぶり」(生サーモン含)は三重県尾鷲市の加工場から発送しています。
加工場の衛生管理のレベルは日本トップクラス。
HACCAP、SQFといった国際的に衛生管理基準を満たした工場です。
加工場について詳しくは「ぶりとろはこうして生まれる」をご覧ください。
自信を持って商品をお届けできます。

■ もちろんお届け日指定、できます

当店の「ぶり」は天然ぶりではないので、水揚げがなかった、ということは基本的にありません。(自然災害などの影響は除きます)
なのでお届け日指定に対応しています。
消費期限も「製造日を含む5日」ですから長くはないですが、お届け日に切れることはありません。
水揚げから翌日にお届けできる地域であれば、お届け日を含む4日間は消費期限内です。

「刺身は好きだけどネットショップで買うのはねぇ・・・」と思っている方。
ぜひ一度お試しください。
その鮮度と美味しさはサプライズですよ!

  • 生魚をネットで注文するのが不安です 本当に刺身で食べても大丈夫ですか? はコメントを受け付けていません
コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る